自動散布 (スマートモード)

弊社のすべてのドローンは、2地点を登録すると後は自動でジグザグ散布飛行が可能です。

 自動運転中でも必ず送信機を両手で持ち、いつでも手動で操縦できる必要が有ります。

 機体のメンテナンスを怠ると不安定な飛行になり危険です。飛行前の点検を怠ると操縦不能になります。(ボルトの締まり、モーター台座の水平性、タンクの水平性)

中断ポイントから自動散布(DECAシリーズは標準、弥七はオプションで)

自動散布中の中断ポイント記録機能

DECAシリーズは標準で中断ポイントを記録し、バッテリー交換、薬液交換の中断時にとても便利です。


散布ドローンについて

 どのタイプも、最大積載量での飛行は墜落に至る危険が有ります。最大積載量の80%以内、5L散布機は70%以内での飛行が基本となります。それ以上で散布飛行はできますが、過熱による破損の可能性があります。

5L散布ドローンは、50Vモーターを使用したアップグレード品もございます。4L以上の散布でも安心です。(プラス8万円)

10L散布ドローンは、余裕が有ります。

 

最近、ラジコンを始めてされる方も散布ドローンを利用するようになりました。

 当社のお客様や、そうでない方でも怪我、事故が起こらないことを願い情報を共有して頂くのが目的です。

弊社のお客様以外でもお問い合わせ、修理を受け付けております。

お勧め練習用ドローン

ドローンの練習には、GPSの付いていない、屋内でも飛ばせるドローンが最適。

GPS付きは、練習になりません。

色々な、小型ドローンが販売されていますが、2018年10

月現在最もお勧めは此方

http://amzn.asia/d/8Z20oiS
アマゾンにて約5000円で販売されています。私も1台購入してその操作性が、散布ドローンにとても似ていると思っております。
 カメラが付いていないので、飛行練習に集中できます。
購入したら
 離着陸練習  手動で離着陸を繰り返してください
 ホバリング練習  ドローンの後ろを常に自分に向けて、一点で飛行
 前後に真っ直ぐ移動
 左右に真っ直ぐ移動  ともにドローンの向きが変わったら訂正
 長方形の飛行   散布飛行と同じです。綺麗に、毎回同じ軌道を描けるように
 飛行時間10時間を目指して練習してください。国土交通省への飛行申請の条件にkれで達することが出来ます。

アシスタントソフト

アシスタントソフトで、ファームウエアのアップグレード、自動散布時の速度、横移動の

量を設定できます。

ダウンロードは、下記のサイトより行ってください。

セキド アシスタントソフト2 

ダウンロード後、ドローンの電源を入れ、黒い箱に入っているUSBケーブルを接続してもパソコンが認識しない時は、接続したまましたのドライバーをダウンロードしてください。

 

ダウンロード
DJI ウインドウズ用ドライバー
DJI_WIN_Driver_Installer.exe
exe ファイル 1'002.3 KB




必見 飛ばす時の注意事項まとめ

バッテリー警報についてよく質問されます。
第1警報は単なる警報なのでそれ以上飛行できないというわけではありません。まだ60%残っているということです。

 第一警報 赤点滅 約50%から60%
 第2警報 赤フラッシュ 約15% 自動で直ぐに着陸します。

%は残量ですが、飛行重量により、またバッテリーの性能により10%前後します。
 どのくらいで降ろすかは、一概に言えませんので練習でつかんでください。

基本手順



間違えてフライトコントローラーの設定を消された方に DECA、弥七で異なります



送信機の持ち方で、安定性が変わります。


送信機のスイッチ

両レバーで動かします。

スイッチで離陸、着陸、散布などを可能に

全機種 バッテリー切れを送信機の振動と音でお知らせ

国内法に準拠した送信機、混信なし、免許不要