サービス · 18日 11月 2018
今月、富山、長野、千葉、埼玉へ外回りをしました。ご購入して頂いたお客様への飛行講習や、ドローン関連の新商品、改良のご案内をしております。  お客様のご協力により、ご友人をお誘いして頂いてのデモンストレーションも行ってきました。 アフターサービスを行うことで、お困りの点も理解でき改善につなげていきます。  有難う御座いました。これからますます外に出る予定です。
技術 · 18日 11月 2018
 先日、マゼックス製 飛び助にDJI N3AGを取り付けのご依頼を頂きました。  2017年5月まで販売されていましたこのタイプは、8000円程度のホビー用フライトコントローラー Pixhawkが搭載されていました。弊社は2016年より産業用のフライトコントローラーDJI A3、その後N3、N3AGへと変遷してきました。 改良後の動画はユーチューブでhttps://youtu.be/RF3ulOf1Nw8 Pixは、ホビー用なので非常に安定性が悪いコントローラーで、80%近い方は、墜落を繰り返した機種です。 フライトコントローラーをN3AGに交換すれば、2.5L以下での散布は安定して行えます。販売元でのコントローラーの変更は受け付けていない(お客様談)ので当社で、このタイプを購入された方で少なからずフライトコントローラーを変更された方が多く居ました。  改造は簡単なので、まだお持ちの方は当社までご連絡ください。
改善 · 18日 11月 2018
15L散布ドローンを効率の良い3頭に変更しました。 タンク下のポンプ取り付け部にノズルを配置できることが分かりました。  ご購入のお客様より、4頭は散布量が多すぎるとのお声にお答えしました。  また3頭にすることで邑無く、幅広く散布できるようになります。
使えそうで使えない · 05日 11月 2018
最近問い合わせが多いDatalink3。 出来ることと出来ないことを再度書きます。弊社としてはお勧めしておりません。 特に日中タブレットの表示が非常にみにくいです。Ftabaの送信機で出来ないことが出来る  1、飛行中の地図上での表示。  2、レーダー 高度維持機能を使った場合のレーダー ON  OFFの切り替え  3、スマートモード(AB自動飛行)の速度設定  4、インテリジェント(地図上での散布範囲を自動で行う  5、インテリジェントモードでの障害物(電柱、木など)の設定 出来ないこと  マニュアル、マニュアル+モードでの散布の際のブレイクポイントを表示させた状態で再度飛行すること (画面がリセットされます) スマートモード(AB自動飛行)のブレークポイントの記録、再開時のブレークポイントからの再稼動。  再稼動にかんし、FUTABA送信機では、電源をオフにしない限り記録され、ブレークポイントから自動的に再稼動します。弥七5は、電源が2本並列なので、バッテリー交換時、電源ONでバッテリー交換が可能(バチッというスパークは殆ど起こりません。)DECAは、右側を並列にすると可能。
改善 · 04日 11月 2018
弥七5 3頭ノズル(2頭に切り替え可能)に今後変更いたします。 タンク下に取り付けが可能になりました。 テストでは、4Lの水で噴霧しましたところ、最小4分、最大3分で散布。  散布飛行速度 時速15kmで1反 0.8Lに近づきました。  自動散布(スマートモード)、半自動(マニュアル+モード)では、飛行速度がアシスタントソフトで設定した10kmになっておりますので、ソフトで15kmに変更して頂く必要がありますが、効率よく散布が可能となります。 今月より出荷分については、15kmに変更しております。  それでも多すぎる時は、2頭に切り替えてください。 取り付けについて  ポンプ取り付け板が、タンクにネジ2本で取り付けて有りますが、1つを外して、16ミリボルトに切り替えてノズルごと締め付けなおします。  ご自信でも出来ますが、ポンプ付きの状態でタンクのみ当社へ送って頂きましたら、ノズル1個と取り付け代金6480円にて取り付けを致します。 DECAシリーズに関しては、今後発表いたします。
技術 · 02日 11月 2018
11月になりました。11月3日は、地元埼玉県狭山市の東京航空自衛隊の航空ショーです。ブルーインパルスによる曲芸飛行など。小学生時代、家の上を飛ぶ飛行機(当時はファントム)を観て将来パイロットになりたいと考えていたものです。空へのあこがれは、毎日上空を低空で飛ぶのを観ていたからかもしれません。 さて、今日はシミュレーションのご紹介。私も使っております。今月送信機がドローン用のものが出たようです。ドローン用といってもGPS付きのドローンのみ。スロットルがセンターにロックされるタイプです。 競技用ドローン、飛行機、ヘリを練習するにはこのタイプは使えません。スロットルがロックされないタイプをお求めください。 シミュレーターには、送信機がついていないタイプも販売されています。ご自身の送信機を使えますが、色々設定する必要があり、上級者以外は送信機付きをお求めください。 飛行機、ヘリなどをシミュレーターで飛ばす練習をするのは面白いです。これで練習すると、実機も飛ばせます。
時事 · 01日 11月 2018
ネットでドローン講習を検索すると沢山出てくるようになりました。 国土交通省認定の講習所の数は、現在約300団体。 起業されるドローンビジネスというと、空撮会社、DJIの代理店以外に、2年前まで、弊社のような製造販売が主でした。DJIの完成品の完成度が2年前から高まり、完成品を買えばテレビでも流せる空撮映像が誰でも簡単に作れるようになり、空撮業者は、乱立、当初空撮20万円で請負して会社も2万円になり、採算が取れなくなりました。そこで、ドローン講習の起業が多くなり、乱立。差別化が必要になってきました。散布ドローン講習は、講習料金30万の農水協認定の講習所がまだ主流ですが、今後は、認定以外の散布ドローンの講習を扱う会社が増え料金も下がる傾向にあると思われます。 空撮などのドローン講習のテキストを見ると、大部分が気象、通信原理などの内容で、本当に必要なのかと思う内容に紙面を多く使いすぎている様に思います。4日間の講習ではなく、手ごろな料金で、1日で、物件投下の申請の仕方を含めた講義4時間実技4時間の講習を増やして頂きたいです。明日、福島のドローン講習をしている会社の方が当社に来られます。
デモンストレーション · 31日 10月 2018
昨夜より、数日飛行の特訓をした弟が中部地区へと向かいました。8月から訪問希望のお客様、先日ホームページに訪問予定をみて、デモンストレーションのご希望を頂いた方を中心に回っております。  営業といっても売り込みはいたしておりません。観て、実際に操縦を体験してもらう事を目的としております。  代表の私は、今来月だけ、毎週水曜、土曜日にパンを焼いて販売していますので、遠方にはいけませんが、11月は千葉、群馬、栃木方面を検討しております。  ドローンは、安さ、安定性、手軽な小ささ、騒音が少ないというメリットとともに、価格が安いというメリットが普及には必要と考えています。計測、映像などの分野では、30万円の市販ドローンで十分な一方、散布という単純構造なのに一式200万、講習30万、毎年の定期検査の義務ずけを課している農水省認定ドローンは、単純に考えて、おかしな存在です。でも農協を通じて皆様に情報が行き渡っています。弊社も株式会社化したことで、もっと外へ出ようと思っております。 外出のほか、お手紙でも、全国の農家様へ発送をしております。
時事 · 30日 10月 2018
時々ニュースになるバッテリーの発火事故。 ラジコンを趣味にしており、長年バッテリーを使用しておりますが、発火したのは、数回。どれも理由があり、理由なしに発火したことが有りません。  モバイルバッテリーの電車、飛行機内での発火については、全てといってよいほど、落下などの損傷が原因です。 地面に落とし、内部の短絡がおこり、突然発火。  散布ドローンのバッテリーも、墜落などによる物理的衝撃で発火することがあります。  僕の発火は、プラスマイナスの結線間違いによる発火と墜落時の発火です。 落として凹みがあるバッテリーにはご注意ください。充電中に発火することがあります。 充電中は、直ぐに対応できるように、近くに居ていください。 また、墜落した際に、内部でプラスマイナスが短絡していることがあります。  あるお客様のドローンでのことですが、バッテリーを接続するドローン側の黄色いコネクター内部に肥料の粉が侵入し、朝の冷え込み時の結露で短絡していた例が有りました。その場は、気が付いて着陸させ事なきを得ましたが、その後ご自身で半田付けをした際に、半田不良で飛行中に墜落に(涙)
改善 · 28日 10月 2018
朝晩の冷え込みが強くなりました。 一昨日より、風邪をこじらせ休養中です。 気温10度での飛行時間は、短くなります。バッテリーの化学反応による出力は、温度に比例しております。気温30度台がもっとも性能が高くなり、10度ですとバッテリーが温まるまで出力が小さくなります。 離陸して2分ほどでバッテリーが温まってきますので、離陸後、慣らし運転が必要です。 この時期からの飛行練習はご注意ください。

さらに表示する