サービス · 16日 9月 2019
猛暑が続きました今年、やっと涼しくなりました。 10月31日まで全品10%オフとなります。 冬のドローンの練習は厳しくバッテリーの性能がダウンして危険ですので、秋に購入して練習するのが良いです。  
事故 · 09日 8月 2019
今週、山が近くにある場所でスマートモード(A B自動散布)中にAラインで止まらずに激突した事故がありました。 GPSの電波が弱い場所で起こった可能性があります。スマートモード開始時も不安定な動きをしていたようです。地形により電波が不安定になる可能性がある事を実感しました。また高圧線など磁力を発する場所でも同じです。お気をつけてご使用ください。
事故 · 19日 7月 2019
墜落した際、とても体せつなのは、直ぐにモーターを停止させることです。 修理に出して頂くドローンのいくつかは、モーターの焼きつきが見られ、部品代が高額になるケースが見受けられます。  姿勢を崩したドローンは、スロットルを下げただけではモーターは停止しません。プロポの指令よりも、水平に戻ろうとする自律制御が優先される為です。 墜落だけではなく、故障により、ドローンが操縦が効かなくなる際も同様です。 モーターの非常停止は、モーターコマンドで行います。  モーター始動と同じ操作です。
墜落 · 19日 7月 2019
散布ドローンを使用する季節になりました。この時期修理品が次々に入ってきます。  先ず修理に出して頂く際のご注意につてい。 タンク内に白い液体が薄まっているとはいえ残り、室内で修理作業に支障をきたす匂いがあるものがあります。受け入れ後お湯で3回ポンプを動かし洗浄しますが、お客様に事前にして頂く作業ですので修理工賃にプラスの代金が発生します。  修理に必要なものは、ドローン本体とプロポのみです。プロペラ、ノズルバー、バッテリーは不要です。  修理は、優先的に作業し通常2営業日以内に完了します。たまに不具合の原因が分からず1週間を超えることもあります。 修理後フライトテストをして発送しますが、事故機ですので、いきなり大きな飛行重量での飛行は差し控えてください。修理時に出なかった不具合に関しては、免責としております。
サービス · 03日 7月 2019
弥七5 組み立てフルセットは、写真の通り重要な部分の処理をして発送いたします。初心者でも安心。 ここ2週間で数台注文です。 自分で作ることで、修理、メンテナンスも出来る。  ご注文いただいてる方から質問を受ける度に説明書を改定しており、より作りやすくなっております。  バッテリー充電器付きフルセット 353800円ととてもお得です。  ご購入者からのご質問で気がつくこと。  本来海外でキットを購入しても説明書は無く、完成している写真を観たり、ネットで色々検索して想像力を活かして作るものです。 当社では、写真だけでなく細かな指示書にしましたが、ラジコン組み立て経験者の方は1日で問い合わせを頂くことなく組み立てて翌日には飛行しておりましたが、未経験者にはより細かな説明書が必要と分かり改善を重ねております。
20日 6月 2019
修理依頼や改造以来の多いドローンファクトリー製5L散布ドローン。 今回粒剤散布を付けるご要望を頂きましたので製作しました。 脚の長さがを長くして粒剤散布が取り付けできます。 ドローンファクトリーでは粒剤散布を付けられないという説明をされてますが、付けられます。
事故 · 16日 6月 2019
先日お客様から、充電中にバッテリーが爆発し小火になりましたと連絡がありました。  バッテリーを地面に落としたり、墜落時の衝撃で凹みがある、または大きく膨らみのあるものを使用し続けますと爆発します。  ニュースで携帯バッテリーが電車内で発火することを報道しております。  原因はバッテリーの不具合では有りません。落下させて内部が短絡しやすい状態になっているのが原因です。  バッテリーの取扱いに注意してください。問題のあるバッテリーは、潔く塩水に一晩漬けて廃棄してください。 また充電の場所には消火器を用意すると良いでしょう。
墜落 · 11日 6月 2019
防除シーズンになり、出来る限り墜落しない為に必要なことを何度か掲載しております。本日はタンクの取り付け位置が4箇所異なることによる墜落事例。  先日、お客様が離陸後暴れてついらくしました。  このような例は、墜落に至らなくても良くご相談を受けます。  共通するのは、粒剤散布機を取り付けるためにタンクの金具位置をずらしていること。  タンク取付金具は、脚の付け根からノギスで正確に4箇所取り付けています。水平器をタンクの上や、ドローンの胴体(赤いカバーを取り除いた状態で)載せて水平を確保します。重要でないようで、とても重要です。目算ですと数ミリ異なり、全体のバランスが若干悪くなります。離陸後ホバリングが出来ず、墜落に至ります。 5L機でも同じです。皆様ご注意ください。
改善 · 02日 6月 2019
15L散布ドローンのプロペラは、標準で32インチ。10L散布ドローンは、30インチ。 プロペラが大きいと飛行時間、飛行可能重量がUPします。  しかしでメリットがあります。パワーが大きすぎて、自律安定性が悪い点です。タンクが空の状態で飛行しますと上下に触れるなどのオーバーリアクションが起こります。 ホバリング時、移動後の停止時、風に揺らされる際などに不安定現象が見られます。 30インチプロペラに変更しますとタンクが空でも、風がややある日でも安定します。  使用される状況(風、散布量)に応じて使い分けると良いでしょう。
散布ドローン自作 · 21日 5月 2019
新調したモーターアンプ(ESC)は、キャリブレーションが必要です。 プロポのスロットルの動きにどのモーターも比例して同じ回転数になる必要があります。  その為にキャリブレーションが必要となります。 この工程をしないで飛行しますと操縦不能になり墜落します。 アンプは、使用するモーター、プロペラにより異なりますが、キャリブレーションの仕方は同じ。 動画を操作説明に掲載しました。 DJIアシスタントソフト2を使いできますが、この方法のほうが確実です。 https://youtu.be/lxvhsnGMWdQ

さらに表示する