事故 · 31日 7月 2020
バッテリーの充電中に発火する事件が多発しております。 今週もお客様から連絡が有りました。  弊社ではすべてのバッテリーは、入荷時20分程度充電、バランス取りをして検査しております。  発火する危険性がりますので、充電中は、離れない、燃えるものが周りにない、万が一発火しても建物に影響がない様に注意してください。  購入して1か月でしたらPL保険会社に連絡し対応できますが、何度も使用しているものに関しては保険対応できない事もあります。購入日をバッテリーに書いて管理しましょう。  発火する原因は物理的な衝撃による絶縁膜の破損です。  落下、墜落していた時に使用していたバッテリーは発火しやすいです。  また運搬中、軽トラの荷台に緩衝剤なしで置くなどは、発火の原因になります。
サービス · 26日 7月 2020
今月を持ってフライトコントローラー関連の製造が終了しました。 フライトコントローラーに関しては200個の在庫が有りますので、ご安心ください。ドローンとのセット、修理での交換はできますが、単品での販売は中止となります。 電源オフメモリーは在庫がなくなり次第セット商品から外れます。 Datalink3は、残り2台のみとなります。
サービス · 02日 5月 2020
先週だけで4台の修理をいたしました。 修理は、最優先で行っておりますので、受取後2日以内に完了します。 この時期、防除前の練習をされて墜落することが多いです。  注意することを忘れてうっかり墜落。ATTIモード(GPS無効)で飛行し風で流され機に接触。 5L機で4L以上入れて慣れない飛行で、モーター加熱し墜落。 着地地点が平坦では無かったため着陸後横転。 理由はいろいろです。  昨日から関東は夏日となりました。気温25度を超えて、日中日差しが強い時の飛行は、モーターを過熱させやすいので注意が必要です。  特に5L機はモーターが小型ですので4L以上を積載する際は、離陸後すぐに散布開始して、負担を減らす必要が有ります。  
01日 4月 2020
https://youtu.be/QuK9anFkAIw モーターの台座のボルト、水平性を常に確認してください。 動画は、飛行途中で台座が曲がり、ドローンが回転をする様子をご紹介しております。
サービス · 17日 3月 2020
入荷が遅れました部材が入荷しました。組み立て、フライトテストに追われる毎日を過ごしております。  なくなりました在庫ですが、2か月分の在庫を持てるようになりつつあります。  さて、春になり、好例の無料出帳講習を再開しております。 今月は関東から福島までお伺いし、来週から東北、中部へと精力的に回ります。 関西、中国、九州方面にも計画をしております。ご希望の方は、ご連絡ください。
サービス · 04日 2月 2020
1月中旬にありました約20台の在庫が完売しました。ご注文いただきました多くの方にお礼を申し上げます。  中国旧正月が終わりましたが、中国工場も受注が大量にあり、また新型肺炎の影響があり、次の入荷は、3月になる予定です。  残念ですが予約販売と致します。ご予約金5万円を頂いた方から順に作成、出荷となります。納期は4月上旬を予定しておりますが遅れることが有ります。予約後のキャンセル時は予約金をキャンセル料とさせていただきます。
サービス · 16日 9月 2019
猛暑が続きました今年、やっと涼しくなりました。 10月31日まで全品10%オフとなります。 冬のドローンの練習は厳しくバッテリーの性能がダウンして危険ですので、秋に購入して練習するのが良いです。  
事故 · 09日 8月 2019
今週、山が近くにある場所でスマートモード(A B自動散布)中にAラインで止まらずに激突した事故がありました。 GPSの電波が弱い場所で起こった可能性があります。スマートモード開始時も不安定な動きをしていたようです。地形により電波が不安定になる可能性がある事を実感しました。また高圧線など磁力を発する場所でも同じです。お気をつけてご使用ください。
事故 · 19日 7月 2019
墜落した際、とても体せつなのは、直ぐにモーターを停止させることです。 修理に出して頂くドローンのいくつかは、モーターの焼きつきが見られ、部品代が高額になるケースが見受けられます。  姿勢を崩したドローンは、スロットルを下げただけではモーターは停止しません。プロポの指令よりも、水平に戻ろうとする自律制御が優先される為です。 墜落だけではなく、故障により、ドローンが操縦が効かなくなる際も同様です。 モーターの非常停止は、モーターコマンドで行います。  モーター始動と同じ操作です。
墜落 · 19日 7月 2019
散布ドローンを使用する季節になりました。この時期修理品が次々に入ってきます。  先ず修理に出して頂く際のご注意につてい。 タンク内に白い液体が薄まっているとはいえ残り、室内で修理作業に支障をきたす匂いがあるものがあります。受け入れ後お湯で3回ポンプを動かし洗浄しますが、お客様に事前にして頂く作業ですので修理工賃にプラスの代金が発生します。  修理に必要なものは、ドローン本体とプロポのみです。プロペラ、ノズルバー、バッテリーは不要です。  修理は、優先的に作業し通常2営業日以内に完了します。たまに不具合の原因が分からず1週間を超えることもあります。 修理後フライトテストをして発送しますが、事故機ですので、いきなり大きな飛行重量での飛行は差し控えてください。修理時に出なかった不具合に関しては、免責としております。

さらに表示する