使えそうで使えない

使えそうで使えない · 16日 1月 2019
以前に導入を検討して辞めました、薄い軽量タイプの10L散布ドローン用モーター。最近は、ネットで見かけなくなりつつあります。 よいと思った点は、  軽量  アンプも含めた防水性  価格が安い   デメリットは、厚みがなく軽量に出来ているために放熱性が非常に悪い点です。昨年は熱による墜落事例が3件当社のお客様でありました。放熱性は非常に大切です。  モーターのトルクはモーターの大きさに比例するため、パワーも小さいです。 未だに採用している会社害が音多い。
使えそうで使えない · 05日 11月 2018
最近問い合わせが多いDatalink3。 出来ることと出来ないことを再度書きます。弊社としてはお勧めしておりません。 特に日中タブレットの表示が非常にみにくいです。Ftabaの送信機で出来ないことが出来る  1、飛行中の地図上での表示。  2、レーダー 高度維持機能を使った場合のレーダー ON  OFFの切り替え  3、スマートモード(AB自動飛行)の速度設定  4、インテリジェント(地図上での散布範囲を自動で行う  5、インテリジェントモードでの障害物(電柱、木など)の設定 出来ないこと  マニュアル、マニュアル+モードでの散布の際のブレイクポイントを表示させた状態で再度飛行すること (画面がリセットされます)  電源オフ後のブレークポイントからの復帰再稼動にかんて 電源オフメモリーモジュールを別途購入する必要があります。8000円。
使えそうで使えない · 15日 9月 2018
散布ドローンのフライトコントローラー DJI N3AGのソフトが新しくなり、格段に高度維持精度が上がったことは先にお話しました。一方、DJI Radar (一般に、ポンプ、AMUとともに販売されています)を付けたことで、思わぬ事態になりました。 AB自動散布(スマート)モードでのフライトテスト。突然20Mちかっく上昇。何か設定が必要だったのか未だに不明。設定値は、2.5Mにしておりましたし、レーダーの稼動範囲は、1.5Mから3.5Mまでです。 びっくりビデオは此方 https://youtu.be/2O9wBHP9nNs レーダーを切って再度飛行すると正常に、しかも高度をしっかり保って飛行。余計なものは付けないのが良いです。ちなみに、DJIポンプは、圧力が弱すぎて使い物になりませんでした.
使えそうで使えない · 03日 9月 2018
DJIのプロポでスマホ、タブレットで完全自動で散布が出来る。またミリ波レーザー高度維持機能で起伏のある場所での散布が出来ます。  購入してテストした結果、まだ色々問題がありましたので、見送り。  タブレット、スマホは、iPhon,iPadが使える使用になっていない。空撮用でしたらiPadは実用的ですが、基本的にアンドロイド端末専用。  アプリの更新時に使えなくなるトラブルが発生 これはDJIでよくある話  タブレット、スマホは、夏の太陽の元では、暗い、過熱するなどトラブルが多発しております。DJI専用タブレット13万ならお勧め。  ポンプがDJIのポンプ専用。このポンプは、パワーが小さく2頭用  DJIのAgrasは、4頭ですが、2個ポンプを搭載しています。 魅力は、ミリ波レーザー高度維持。当社では、先ずは、単純なドローンの普及に注力。
使えそうで使えない · 01日 9月 2018
世の中に普及し始めた散布ドローン。散布ドローンに使えるパーツが色々登場しました。  その中で、使えそうに見えてテストすると使えないものが有ります。 今日は、モーター、モーターアンプ、モーター台座、LED表示が一体となっている商品、Hobbywing X8 integrated style Power System XRotor PRO X8 motor 80A ESC 3090   商品説明は、http://www.hobbywing.com/goods.php?id=594 価格も安く、防水。  テストして直ぐに気づくのは、モーター、アンプの過熱がひどい。 1フライトで手で触れないくらい高温になりました。 水をかけることが出来るので毎回水で冷やすのでしたら使えます。 とても残念です。Hobbywingはモーターメーカーではなく、アンプメーカーなので、仕方が有りません。次のバージョンに期待。  日本でも他社で既に使用しているようですが、危険だと思います。