墜落

墜落 · 11日 3月 2019
モーターを始動するとき、緊急停止するときに使うモーターコマンド。 着陸時に使用して横転、プロペラが破損する事故報告を受けました。 着陸時に行いますと横転しますのでご注意。 着地したら、スロットルを再下限にして停止するまで待つ。他の操作はしない。モーター始動と同じ両レバーを寄せる動作をします横転し危険です。 横転した際は、両レバーを中央下に寄せて、モーター停止させる。モーターを停止させないと、焼き付けを起こします。  また、飛行中スロットルを下限10%の位置に3秒間保持し続けますと、モーターが停止し墜落します。 着陸の失敗での破損の例がとても多いです。着陸はゆっくりと、停止は、スロットルを下保持で行ってください。
墜落 · 03日 2月 2019
本日、最近ご購入された方から、飛行中バッテリー警報がでてすぐに真下に落下したとのご報告がありました。 通常バッテリー警報(赤フラッシュ)後は、真下に着陸しますが、寒さによるバッテリー出力低下の時は、バッテリー警報後落下します。  原因は、寒さによるバッテリーの出力低下です。  徐々に低下するのはなく、一気に低下するため、モーターが停止して墜落しますので、ご注意ください。 リポバッテリーは温度が低いと、放電するための化学反応の低下により、出力が不安定です。また飛行時間も6割程度に下がります。  フライト時間も極端に短くなります。 気温8度以下でのフライトは、バッテリーを使用直前まで暖めてからご使用ください。 暖め方 ホッカイロを貼り付けクーラーボックスに入れておく。 床暖房の上に置いて、上に毛布でおおい1時間以上暖める。 などなど
墜落 · 14日 12月 2018
ここ数日、冷たい風が強く吹いております。  ドローンの飛行は、風速5M以下が基本ですが、安全の為、風速3M以下が望ましいです。  また散布をする際は、薬剤が流れる為2M以下が望ましいです。 飛行練習をされる際は、タンクに液体を2L程度(5L散布機の場合)入れるなど飛行重量を大きくすると、風速3Mでも安定して飛行します。  風速3Mでの飛行では、ドローンが風邪に対応する為、傾いて飛行します。そのため、真っ直ぐに前後に飛行させるのが難しくなります。
墜落 · 12日 10月 2018
今朝は肌寒くなりました。季節の変わり目、雨、曇りの日が多いです。 モーターアンプ(ESC)には、60A,80Aなど流せる電流値が記載されております。 電流値が大きいと、大きなプロペラを用いて、重量のある飛行が可能になります。 22インチプロペラを使用する5L散布ドローンには、60A,26から30インチなら80A。組み合わせを間違えると写真の様に発火し墜落。 当社のドローンでは、弥七5は、60A、DECA10は80A、DECA15は100A。 無駄に大きなアンプを搭載する必要は有りません。 写真のESCは、もっとも修理依頼がくるドローンファクトリー山口で製作されたもの。60Aが標準なのに50Aでした。購入後3回もアンプが燃えて墜落。今回60Aに変更して修理をしました。前後確認のLEDが無い為飛行申請ができないのでLEDもサービスで取り付け。 修理後のフライトテストは https://youtu.be/uqMHBL7AnEE 他のショップの修理も受け付けております。
墜落 · 23日 9月 2018
当社の飛行モードは、3種類 GPS:GPS、高度測定食う圧センサーのデーターを使い自律制御 ATT:GPSを切り、高度センサー、加速度、ジャイロセンサーによる制御 散布:GPSモードと同じ。 GPSを使わないモードは、ATTのみです。GPSの取り付けには、方向があります。間違えて取り付け、または、ネジが緩み飛行中に異なる方向になり、操縦が出来ないと感じる状態になります。毎年3件ほどGPSの取り付け方向間違い、飛行中に墜落、または、墜落により、GPSが壊れているのに気が付かず飛行して墜落する例があります。電波障害によるGPSの不具合も起こります 何も問題がなくても、飛行中急な動きをして、GPSデーターがおかしくなり、GPSエラー(黄色、赤の点滅)に一時的になることがあります。GPSは万能では有りません。 ATTモードに切り替えてGPSを切れば高度、バランスだけ維持してくれますので、操縦のみで飛行が出来きます。日ごろからATTモードでの飛行練習をしましょう。他社でATTモードが無いものが多く見受けられます。危険です。
墜落 · 22日 9月 2018
5L散布ドローンは、24Vモーターを使用しているので、バッテリーは6セル1本または2本並列接続で飛行します。大きなバッテリー1本より半分の容量のバッテリー2本のほうが、パワーがあるので2本での販売が主流です。ただし、パワーのある大容量バッテリー(12000mAhがもっとも最適)でしたら1本で飛行。しかし、ドローンからは1本分のコネクターケーブルしかない場合、並列コネクターを使用します。 毎年この並列コネクターを使っていて墜落した例が2件ほど、墜落に至る直前のものも同数。 並列コネクターは、コネクター2つを半田で合わせた商品。半田不良が起き易い。ご注意ください。当社ではずいぶん前からドローンに2組のコネクターケーブルを設置して並列コネクターを使わない仕様にしております。他社で購入されたお客様から改造、修理の依頼をされた際にも良くバッテリー接続を2組にするご要望をいただきます。
墜落 · 16日 9月 2018
プロペラアタッチメントのネジが緩み、飛行中にプロペラが外れ墜落。  ネジロック剤が今回使用されていなかった、他のプロペラのネジもかなり緩んでいましたので、最初から緩かったと思われます。 修理後フライトテスト https://youtu.be/wBNBPytMwL4 ネジ締め確認は、定期的に行ってください。特にプロペラ周りは頻繁に確認。