改善

改善 · 31日 12月 2018
 2018年も本日で終わります。 今年、多くのご購入者の方とお会いしたり、連絡を取りました。  先日、山形からお越し頂き、お会いしました。10L散布ドローンを6月に購入、400haの散布実績でした。  販売、修理、改造したドローンがお役に立っている事が分かりました。  その中でも、昨年から行っておりました、当社や、他社の初期の5L散布ドローンを改造したことで、日本各地で数十haの散布実績が有った事は、喜ばしい事でした。新しいものを次々に開発しておりますが、購入して頂いたドローンがいつまでも、現役で活躍できる事の方が嬉しいです。 写真は、新潟の方の他社で購入されたドローンを改造し、今年活躍できた5Lタイプです。改造は、一昨年年末でした。他社のお客様も含め、もし、不安定でしたら、調整すれば抜群の安定性になりますので、お問い合わせください。  来年の課題は、ラジコン未経験の方に安心して使って頂けるようにサービス面を充実していくことです。  また、東北、中部、近畿方面までお伺いして、ドローン体験講習を開催してきます。  来年もよろしくお願いいたします。
改善 · 08日 12月 2018
DJI メモリーモジュールのご紹介。 スマート散布(ABポイント自動飛行)時のブレイクポイントを記録。バッテリーを交換しても中断した場所から自動飛行を再開します。  Datalink3だけではなく、Futaba プロポを使用しても、再開飛行が可能です。  弥七5は、電源が2個有りますので、バッテリー交換時に1個づつ交換すれば再開が出来ますが、DECAシリーズは出来ませんでした。  このモジュールの構造は単純で、コンデンサーに電気を備蓄しバッテリーを抜いても40秒間フライトコントローラーに電源を流し続けることが出来ます。 フライト動画は、此方 https://youtu.be/WRXZ1qz7MIQ
改善 · 05日 12月 2018
お世話になります。 新型バッテリー 6S 12000mAhのご紹介です。 DECA10の5L積載フライトテストをしました。 フライト動画 フル充電で、15分は飛行できます。 フライト時間は14分でしたが、実際には、80%程度のバッテリーで飛行しております。 昨日は天気が良かったので、新規ご購入者のフライト講習、今週受け渡しの飛行テスト などで、充電が間に合いませんでした。 15分は飛行できます。 お客様には、ただ今特価にてご紹介しております。
改善 · 29日 11月 2018
散布ドローンで不満な点は、飛行時間でした。 今年7月から採用しているバッテリー は、従来比2倍近い飛行時間を実現しております。さらに、経年劣化も遅くなっております。 既に20回ほど使用したバッテリーを使いフライトテストをしました。  お客様の機体を借りてのふらいとですので、モーターへの負担を考え、2Lを入れて飛行テストです。 飛行時間は、11分でした。  ユーチューブ https://youtu.be/Ad_gsfQBo7Q 当社のお客様には、特値対応をしております。
改善 · 23日 11月 2018
 分解、洗浄、ファームウエアーアップグレード、改良を含めご依頼がありました。10時間以上の工数ですが、サービスで格安にてお受けいたしております。  金額は、3万円台です。皆様も来年の為に、ご依頼ください。
改善 · 18日 11月 2018
15L散布ドローンを効率の良い3頭に変更しました。 タンク下のポンプ取り付け部にノズルを配置できることが分かりました。  ご購入のお客様より、4頭は散布量が多すぎるとのお声にお答えしました。  また3頭にすることで邑無く、幅広く散布できるようになります。
改善 · 04日 11月 2018
弥七5 3頭ノズル(2頭に切り替え可能)に今後変更いたします。 タンク下に取り付けが可能になりました。 テストでは、4Lの水で噴霧しましたところ、最小4分、最大3分で散布。  散布飛行速度 時速15kmで1反 0.8Lに近づきました。  自動散布(スマートモード)、半自動(マニュアル+モード)では、飛行速度がアシスタントソフトで設定した10kmになっておりますので、ソフトで15kmに変更して頂く必要がありますが、効率よく散布が可能となります。 今月より出荷分については、15kmに変更しております。  それでも多すぎる時は、2頭に切り替えてください。 取り付けについて  ポンプ取り付け板が、タンクにネジ2本で取り付けて有りますが、1つを外して、16ミリボルトに切り替えてノズルごと締め付けなおします。  ご自信でも出来ますが、ポンプ付きの状態でタンクのみ当社へ送って頂きましたら、ノズル1個と取り付け代金6480円にて取り付けを致します。 DECAシリーズに関しては、今後発表いたします。
改善 · 28日 10月 2018
朝晩の冷え込みが強くなりました。 一昨日より、風邪をこじらせ休養中です。 気温10度での飛行時間は、短くなります。バッテリーの化学反応による出力は、温度に比例しております。気温30度台がもっとも性能が高くなり、10度ですとバッテリーが温まるまで出力が小さくなります。 離陸して2分ほどでバッテリーが温まってきますので、離陸後、慣らし運転が必要です。 この時期からの飛行練習はご注意ください。
改善 · 23日 10月 2018
秋のキャンペーンにお問い合わせが増えてきました。忙しい毎日です。  そんな中、先月より当社に加わった弟の飛行指導に行ってきました。  平日の誰も居ない河川敷グラウンド。サッカー場の白線の上を真っ直ぐに飛行する練習をしました。  真っ直ぐに飛行するのが難しいようです。送信機の持ち方が自己流になっておりました。 写真の通りに持ちましょう。 おなかに送信機を固定させる。 親指の関節(赤丸)をレバーの中心に近づける 親指の指先を建てる  真っ直ぐにレバーを前後に動かしているつもりでも、関節の位置が低いと横に動いてしまいます。指は関節を支点に回転運動するからです。 運動の秋、ドローンの秋ということで、直線飛行の練習をしてください。
改善 · 17日 10月 2018
本社の移転準備が完了し、新しい社屋で仕事を始めました。  今日は、スマートモード(AB自動飛行)について。 A地点で送信機のAスイッチ、真っ直ぐ進んで、B地点でスイッチをBにして記録。 自動でジグザグ運転をします。ご購入者から真っ直ぐに飛行させるのが難しいので使わないとの声がありますが、直進の際に、進路の直線上に立って操作をしてください。横から観て操作すると曲がります。 真っ直ぐに飛行させることができるというのは、一つの技術で、練習でマスターしてください。GPSの計測には時間のずれが有りますので、操縦で補います。慣れますとGPSに頼らずに自分の操作で直線飛行が可能になります。  さて、バッテリー切れ、液剤切れで中断した場合、電源が切れるまで記録されております。  弥七5は、業界唯一、バッテリー接続ケーブルが2本有りますので、電源スイッチを切らずに1本ずつ交換してください。もう一度離陸して、スマートモード以外の操作モードからスマートモードに切り替えますと、中断した場所から再開します。 Deca10の場合は直列の為、DJI AMU、メモリーの組み合わせを購入(12万円)が必要。

さらに表示する